So-net無料ブログ作成

大きな地図で見る

Office2007 [Office2007]

インターフェースが一新されるOfficeだが、慣れればどうということは無いと思うのだが、これまで、Officeのインターフェースをベースに作成されていたソフトは、今後どうなっていくのだろうか。興味深いことではあるが、あまりに大きな変更であるので、簡単には追随することはできないだろう。
今度のインターフェースで困ることは、教える側にある。今までのようにメニューバーの挿入から・・・という説明は、一切できなくなる。リボンのどのタブをクリックして、その中のこのボタンをクリックするという説明をせざるを得ない。
右クリックでコンテキストメニューとツールバーが表示されるので、今まで以上に、右クリックが重要な操作となってくるだろう。今までのメニューに慣れている人にとっては、このコマンドはどこにある~ということにもなるだろう。
とはいうものの、今までのインターフェースが限界を迎えていたことは明らかで、XML対応により大幅に拡張されたOfficeを簡単に使いこなすには、このような大胆な変更が必要だったとも言える。
企業にとっては、またしても、互換性の問題に直面することになることは明らかで、どのように対処していくのか、システム管理者にとっては頭痛の種となることは、多分間違いない・・。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0